python

Pythonプログラミングコース

基礎コース

Pythonプログラミングの環境設定から、デバッグ、プログラミングの基礎概念について学習を行います。

 

Pythonは、プログラムを初めて学習する方にも、すぐに慣れ親しむことができる言語になっていますが、その応用範囲は広く、最新の人工知能機械学習といった分野、データの数量分析数理モデルの構築、ゲームプログラミング、IOT(電子工作)と、あらゆる分野で、優れた能力を発揮する言語になっています。

 

 

プログラムを作成する上での骨格となる考え方、条件分岐、繰り返し、配列などに焦点を絞って学習を進めていきます。

 

 

学習の進め方としては、Pythonプログラミング基本文法の解説はもちろん、例題、演習をこなしながら、プログラムを作成していくための考え方、デバッグのやり方についても解説を行っていきます。

  • Pythonプログラミングコース終了後は、Python応用/AIプログラミングコースにより、より実践に即した学習コースを選択できます。

対象:プログラミングを初めて学習される方。

料金

入会金

5,000円(税込)

※9/30までにお申し込みいただいた方は、キャンペーン(入会金無料)実施中

月謝制

9,600円(税込)/月4回

開催日時
受講曜日レッスン時間レッスン開始日
金曜日20:00 ~ 21:0010/7 ~

オンライン説明会随時実施中!

※日時はご相談ください

スケジュール

1回目

環境構築、プログラミング言語の概念

2回目

変数、代入、計算式

3回目

演算子、print命令の使い方 

4回目

条件分岐(基礎編)

5回目

条件分岐(応用編)

6回目

繰り返し(基礎編)

7回目

繰り返し(応用編)

8回目

多重ループ

9回目

リスト(配列基礎編)

10回目

リスト(配列応用編)

11回目

辞書配列

12回目

クラスの概念

応用コース

数あるプログラミング言語の中で、Pythonを学習の選択肢と考えている人が、増えています。

 

その理由のひとつには、Pythonという言語は、応用範囲が広く、様々な用途に使用できるにもかかわらず、学習が比較的に容易であることがあげられると思いますが、それ以上に、Python言語が、AIプログラミングの定番として取り上げられるようになったことが大きな理由になっていると思われます。

 

多次元配列、numpy配列、open-cv等、AIを学習するうえでの基礎となる学習からスタートし、AIプログラムを実際に動作させながら、内容の解説を行い、学習をすすめていきます。

 

AIの学習するうえでのネックとなる、逆伝搬の考え方や、CNNの畳み込みの考え方などにも、時間を割いて解説していきます。

スケジュール

1回目

関数の概念

2回目

文字列処理

3回目

ファイル処理

4回目

多次元配列

5回目

tkinter(基礎編)

6回目

tkinter(応用編)

7回目

numpy配列(基礎編)

8回目

numpy配列(応用編)

24回目

tensorflow(活用事例編)

先生からの一言
あべ先生

Pythonは、今や、「人工知能」「機械学習」を語る上で、欠かせないアイテムとなっています。

 

AI や機械学習以外にも、IOTといった、これからの技術を支えていくであろう技術においても、Python言語が注目されています。

 

MPCでは、Pythonを使ってドローンを操作するプログラミングなどの講習も行っています。